オリジナルの重量物梱包資材TEX(テックス)の製造しています。衝撃・加圧・破損に強く、また設計自由度が高いため、様々な梱包ニーズに対応いたします。
有限会社尾藤梱包工業所
TEL:0572-44-2151
岐阜県多治見市笠原町3983-11

会社概要

複雑なもの・取扱いに注意が必要なモノの梱包材のことなら、お気軽にお問合せください。

尾藤社長 専務

【当社の理念】

 有限会社尾藤梱包工業所は、昭和35年名古屋市守山区に創立、現在その拠点を岐阜県多治見市に移し、古紙緩衝梱包材テックスの製造・販売を手がけ今日に至っております。
 近年ではテックスは元より、段ボール、パルプモウルド、プラスチック成型品の設計・販売にも着手し、木製パレット等の組み合わせによる梱包仕様等、新たな分野にも取り組んでおります。
 近年取り沙汰されております環境問題においても、古紙から製品、使用後また原材料へとなる、完全な循環型産業として、社会に貢献する事を使命にしております。
 私達は、こういった各種梱包材をそれぞれのお客様のご希望に合った形でご提供し、また社会的に本当の意味でのリサイクルを広め、浸透させていく事に努めて行きたいと考えております。
 更に、当社の主力製品であるテックスは、段ボール古紙やチケン紙などを原料としたリサイクル工業製品であり、使用後再び紙を媒体とした製品の原料となる為、再生可能な商品でもあります。
 生産過程においても、環境汚染する事無く生産でき、地球環境的な循環型リサイクル商品を生み出しています。資源を大切にし、他企業様の下支えを援助出来る普遍的な企業を目指し、様々なお客様のニーズにお応えしたいと考えております。

【当社の概要】

事業所名 有限会社尾藤梱包工業所
所在地 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町3983-11
電話 0572-44-2151
FAX 0572-43-6331
役員   代表取締役 尾藤 寿明
専務取締役 尾藤 綾花
資本金 500万円
創立 昭和35年11月1日
経営基本方針 ・簡素、簡易、安全な製品をお客様に
・環境に優しい商品を生み出し社会貢献
・目配り、気配り、心配り
業務内容 梱包材・テックス製品の設計・製造及び販売及び付帯する一斎の業務
主な特許 特許第751520号 パルプ材自動加圧成型装置

特許第778316号 強化紙の製造法
取引先金融機関  東濃信用金庫
所属団体 笠原町商工会
    

 【会社の沿革】

昭和35年 名古屋市守山区瀬古中島に尾藤梱包製作所開設
手動式成型機2台にて作業開始
昭和38年 需要の増大に伴い名古屋市西区山田町に第二工場を建設生産の増強を図る
昭和40年 本社を名古屋市守山区幸心中畑に移転
瀬古工場をを倉庫に転用
昭和44年 自社独自の自動成型装置により手動式成型機を自動式に切り替える。
乾燥装置はこれまで天然乾燥と小型乾燥機の併用であったのを大型乾燥機を導入全面的に乾燥機に切り替える。
昭和46年 特殊強化テックス及び強化段ボールを開発
重量物梱包資材の分野に進出
昭和49年 金属粉の成型法を発案
重錘物成型品の成型に着手し幾多の製法特許を出願中
昭和50年 音響製品の部材の研究に着手
昭和51年 小型スピーカーボックスの製造を開始
昭和53年 重錘物製品製造部門を分離独立を予定
昭和56年 本社工場を岐阜県土岐郡笠原町に移転
昭和59年 有限会社尾藤梱包工業所を設立
昭和63年 自社独自の自動式成型装置及び連続式赤外線乾燥装置で特殊強化テックス製造開始
平成17年 3台入れ乾燥機を導入
平成19年 尾藤寿明 代表取締役就任
平成20年 自動射出成型機を導入

尾藤梱包工業所 電話番号

尾藤梱包工業所へのアクセス


大きな地図で見る

社長の尾藤寿明です。
自由設計の梱包材のことならお気軽にお問合せください。

尾藤寿明社長

【事業所名】
有限会社尾藤梱包工業所

【所在地】
〒507-0901
岐阜県多治見市笠原町3983-11

【電話】 0572-44-2151
【FAX】 0572-43-6331
【営業時間】8:30‐18:00
【定休日】土曜・日曜