オリジナルの重量物梱包資材TEX(テックス)の製造しています。衝撃・加圧・破損に強く、また設計自由度が高いため、様々な梱包ニーズに対応いたします。
有限会社尾藤梱包工業所
TEL:0572-44-2151
岐阜県多治見市笠原町3983-11

梱包材TEXについて

自由設計梱包材TEX(テックス) 特長

【TEX(テックス)の特長】

(1) 重量物に対して、衝撃・加圧・破損に強い!!

(2) 自由設計が可能なため、物流効率化に貢献!!

(3) 多様な製造分野で利用されています!!

 古紙緩衡梱包材TEX(以下テックス)とは、主に重量物に対して、衝撃や加圧、破損的に耐えうる梱包材であり、輸出、国内輸送、工場間運送などに広く使用されています。
 形状を、様々なニーズに応え設計製造している為、荷作業の効率化、運送コストの引き下げにも貢献します。
 例えば、幾種類の製品を同一のテックスで兼用し、梱包材を生産する技術は他社に引けをとらない自信があります。
 砥石、モーター、発電機、エンジン、トランスミッション、アブソーバー、衛生陶器、 ガイシ、ホイール等々多岐分野に渡りお客様にご満足を頂いております。

【テックスが既存梱包材より優れている点】

・古紙を原料とする為、環境資源の削減に繋がります。
・発泡スチロール等に比べ、廃棄コストの削減に繋がります。
・モウルド等に比べ、圧倒的な強度があります。
・同一のテックス梱包材で数種類の商品を梱包する事も可能になり、
 製造コストにおける金型費の削減や、実際の梱包作業の簡素化に繋がります。
・同じ強度の梱包材であれば、よりコンパクトになるので、省スペースに貢献します。

【TEXを使用した梱包例】

 他の梱包材に比べて圧倒的な強度と、 衝撃吸収性を誇るのがテックスの特徴です。 この様に、重量物を重ねて梱包したい場合や、 従来の様に上下で異なる形状を作成する事なく、 省スペース化やコストの面でも優れています。

 梱包材TEX エンジン部品梱包事例

包材TEX(テックス)の用途例 自動車用部品・・モーター部品、エンジン部品、トランスミッション部品、ホイール、ボンネット等
機械設備・・・ポンプ、発電機、自動販売機等、給湯器
船舶用部品・・・スクリュー
砥石・碍子・・・工業用砥石、碍子
陶磁器・・・タイル、茶碗、洗面台、トイレ
家具・・・机、家具類
電気製品・・・炊飯器、コンロ
サイズ 【標準最大サイズ】  1130㎜×700㎜×H:100mm
【厚み】         6㎜~30㎜

※当サイズより大きい場合も、ご相談ください。
ロット数 【標準的な最少ロット数】 100~300個以上(形状等による)

※当ロット数より少ない場合も、ご相談ください。
納期 【トータル納期】 1~2ヶ月
・図面設計(約1~2週間)  ・金型設計(1~2ヶ月)
・生産(10~14日)      

【自由設計の梱包材TEX(テックス)の製品事例】

(1) エンジン部品の梱包材TEX(テックス)製品事例

複雑設計の梱包材TEX(テックス)の製品事例

(2) 複雑設計の梱包材TEX(テックス)の製品事例

複雑設計の梱包材TEX(テックス)の製品事例

(3) 自動車用ガラス用の梱包材TEX(テックス)製品事例複雑設計の梱包材TEX(テックス)の製品事例 自動車用ガラス梱包材

(4) ポンプ用機械設備用の梱包材TEX(テックス)製品事例

ポンプ用機械設備の梱包材事例

(5) 4つ足によるかさ上げの梱包材の製品事例

自由複雑設計の梱包材 製品事例

【梱包材TEX(テックス)ができるまで】

Step1》 原料の調達 (古紙利用による環境対応製品)

  テックスの原料、それは使用済みの段ボールや古紙です。
通常なら多大なエネルギーを消費し、廃棄処分される古紙が、テックスに生まれ変わります。
 

《Step2》 材料の生成 

 自社開発の離解機で、原料に水を加え、更に細かく半液状に加工します。 テックスの強度を実現するための弊社独自の技術がここにあります。  

TEX製造工程

《Step3》 金型の製作 

 テックスを加圧成型するための金型を、自社開発・設計・製作しています。 開発から製作まで自社で完結する事により、コストを圧縮する事が可能になります。
 弊社での製品作成可能最大サイズは「1130mm×700mm×100mm」となります。
 梱包材TEX 設計

《Step4》 テックスの成型 

 出来上がった材料を金型に圧入し、自社開発の加圧装置で圧縮加工します。 材料の圧入、製品の取出しまで自動で行っています。  梱包材TEX製造工程

《Step5》 乾燥工程 

 加圧装置だけでは完全に取り切れない余分な水分を、乾燥させます。 弊社では強度を増し、製品寸法の誤差を最小限にするために自社開発の乾燥装置を採用しています。

 梱包材TEX 製造工程

梱包材TEX 製造工程 乾燥

尾藤梱包工業所 電話番号

社長の尾藤寿明です。
自由設計の梱包材のことならお気軽にお問合せください。

尾藤寿明社長

【事業所名】
有限会社尾藤梱包工業所

【所在地】
〒507-0901
岐阜県多治見市笠原町3983-11

【電話】 0572-44-2151
【FAX】 0572-43-6331
【営業時間】8:30‐18:00
【定休日】土曜・日曜